スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッチファイル

Eclipseが6個くらいインストールされている状態になってしまった。
環境変数pathとeclipse.exeのリネームという作業はとてつもなくだるいと思ったので、バッチファイルを作りました。

参考サイト
コマンドプロンプトを使ってみよう
きじばと日記 Windowsバッチファイルで同期実行/非同期実行

続きは、バッチファイルの中身。
@echo off

rem よく使うmodeling toolsで初期化
set package="model"
if "%1" == "classic" set package="classic"
if "%1" == "soa" set package="soa"

rem 今の環境は、64bit
set ver="64"
if "%2" == "32" set ver="32"

rem 確認用
echo %package% %ver%

rem start を使って非同期起動
rem フルパスじゃないと、呼び出し元の相対になってしまう
start D:\env\eclipse-%package%_%ver%\eclipse

@echo on


eclipse.batとして保存して、
Win+Rして「eclipse soa 64」とか打つと、
64bit版のSOAパッケージEclipseが立ち上がるという寸法!


Eclipseは、
eclipse-PACKAGENAME_OSVERSION\eclipse.exe
として保存しているので、新しくインストールしたら、
同じ形式で保存して、バッチを少し書き換えれば、ずっと使えるはず。


-p model
のような指定と、
Eclipseバージョン(GanymedeとかGalileoとか)を指定できるようにしたら完成だ。
今はGalileoしかないし、引き数増やすと打つのが面倒だからやらないけどね。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

暑い
でも、たぶん元気
親知らず抜いた

あっ、
お久しぶり
(・∀・)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

森嶋晃介

Author:森嶋晃介
社会人2年目。
独学する勉強のために、いろいろ手を出して、それについて書いていく予定です。
今年こそ、たくさん書くぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。