スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数学は、「使う」と楽しい

数学は好きだ。
パズルのように理詰めで解いていく感じ。
逆に、理詰めで解けるからパズルが好きなのかもしれない。

高校が商業高校だったこともあって、数I、数A、数IIまでしか勉強していない。
(数IIやったっけかな?)
大学は情報系に行ったから、数学に触れる機会はあった。
でも、高校数学ができていないせいで、分かっている人とは明確に、はっきりと一線を画す場面があったのは事実だ。

「この説明は、今一歩理解できない」とか「こういうことなんじゃないかと思うんだけど・・・」とか
そういうんじゃなくて、
「その式で何がしたい(できる)のか分からない」とか「その公式はなんですか、いきなり」とか
知っていて当然と言わんばかりに出てくる式が言葉がわからない。

ベクトルの内積?外積?行列の掛け算?集合論に情報数学?微分も積分も忘れてしまったよ。
そんな状態でよくも大学4年間を乗り切ってしまったものだ。

少し前に仕事で物理計算を勉強したが、加速度の時間微分を云々カンヌンチンプンカンプン・・・
せっかく教えてもらっているのにちっとも理解できなくて申し訳ない気持ちになった。
そんなこともあって、個人的に勉強を始めました。
『これだけはおさえたい
文系プログラマーの数学知識
基礎基礎

あまりに基礎すぎる2進数とかは読み飛ばしたけど。
ベクトル、行列、微積分など、やさしく書いてあって、
何をするためのものなのか?
が分かりやすい。

プログラマ向けに書かれているだけあって、プログラムにしてやろうじゃないかという気になる。
してやろうじゃないか、直線描画。
してやろうじゃないか、回転行列。
といった感じ。

新しい本なのも、おすすめ。

テーマ : 算数・数学の学習
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

森嶋晃介

Author:森嶋晃介
社会人2年目。
独学する勉強のために、いろいろ手を出して、それについて書いていく予定です。
今年こそ、たくさん書くぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。