スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年6月4日(木)

あまり、プレゼンは得意ではない。
資料を作るのが苦手というのが一番の理由だ。
伝わりやすく、分かりやすい資料がなかなか作れない。

簡単なコツとして、以下のことはよく言われる。
・短文(箇条書き)を用いること
・図表を用いること
・文字を多く書きすぎないこと

このうち、図を用いるのが苦手だ。
どうしても、箇条書きで分かるじゃん、と考えてしまう。
なんでもかんでも図にすればいいというのではないことは、少し考えれば分かる。
分かっているつもりである。
物事の関連を表したり、全体の俯瞰を行う場合が有効だ。
かっこよければなおよい。
通っていた学部の特性上、ダサいものを作ると非難された。
その影響で、(ダサいものしか作れない自分は)余計に図を作るのが嫌になった。



説明の順番も分かりやすく話すコツだろう。
その話題について、自分と同程度以上の知識を持っている相手に話すのでない限り、
概略(概要、大筋)を話して全体の関連をつかんでもらったあとで、細かい話をする必要がある。
いきなり細かい話をしても伝わらないのは、日常会話や質問するときでも同じことである。


ほかには、話す目的を明確にしておくことだろうか。
これはつまり、話すことの本筋を見極めろということで、事前に整理しろということ。
説明しやすい順番というものは必ず存在する。
あっちこっちへ飛んでいく説明は、聞きづらいし話しづらい。
そうならないために、話を整理して、そのついでに資料の順番を考え直して、一本筋の通った話ができるように心がけたいものだ。


大学4年間で何度も同じことを考えてきたように思う。
今なお同じことに思い煩っているのは情けないとしかいえないが、4年前よりはマシになったかと思う今日この頃。

この記事も、投下する前に見直して、無理がないか確認するのが正しい。
でも、今日はめんどくさいので深く考えないことにする。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

森嶋晃介

Author:森嶋晃介
社会人2年目。
独学する勉強のために、いろいろ手を出して、それについて書いていく予定です。
今年こそ、たくさん書くぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。